再生可能エネルギーの供給

木質バイオマス発電

ヴェオリアは未利用の森林資源や低品質の木材等を燃料として活用する木質バイオマス発電所の運転維持管理業務を行っています。木質バイオマス発電は、環境に対する負荷の少ない電気を作る、最も実用的な再生可能エネルギーの一つです。

木質バイオマスで発電した電気は、電力会社の送電網を経由して工場や一般家庭などの需要家に供給されます。また、電気とともに生成される熱は、工場等の産業活動や地域暖房に必要な蒸気または熱として供給されます。

津軽バイオマスエナジーでは、森林由来の間伐材やりんごの剪定枝を燃料とした木質バイオマス発電を行って います 。また、花巻バイオマスエナジーでは、間伐材と松くい虫の被害を受けた木材を燃料として活用しています。両発電所共に、ヴェオリアがグローバルで培った運転維持管理の技術とノウハウを活用して、高稼働率と高効率の事業運営を実現し、それぞれ約2万世帯分の電気を発電しています。