ヴェオリアグループ概要

ヴェオリアグループは、資源管理最適化の世界的リーディングカンパニーです。全世界約17万人の従業員が水・廃棄物・エネルギー管理の3事業分野におけるソリューションを設計・提供し、自治体および産業の持続的発展に貢献しています。ヴェオリアは、相互に補完し合う3本柱の事業を通じ、資源の確保・保全・補充を手助けしています。
2018年、ヴェオリアグループは、全世界で9,500万人に水道サービス、6,300万人に下水処理サービスを提供、また4,600万MWhの発電を行い、4,900万トンの廃棄物を新たな原料やエネルギーに変換しました。
2018年のグループ連結売り上げは、259億ユーロとなりました。

 

ヴェオリア本社のウェブサイト:Veolia.com

 

2018年のハイライト   

3つの事業
水・廃棄物・エネルギー

売上高
€259億

総従業員数
17万1,495名
 

9,500万人
水道サービスを提供

6,300万人
下水処理サービスを提供

3,603カ所の浄水場を管理

2,667カ所
下水処理場を管理

 

廃棄物

56万505の法人顧客

4,900万トン
廃棄物を処理

655カ所
廃棄物処理場を管理

4,300万人
ごみ収集サービスを提供

 

エネルギー

4万2,053カ所
熱設備を管理

615カ所の地域冷暖房
ネットワークを管理

4,600万MWh
エネルギーを生産

2,389カ所
産業施設を管理