ヴェオリアグループ概要

 

ヴェオリアグループは「エコロジカル・トランスフォーメーション(環境変革)」のベンチマーク企業となることを目指しています。2022年現在、全世界で約22万人の従業員が、水、廃棄物、エネルギー管理という三つの事業分野において有用かつ実用的で、革新的なソリューションを設計し提供しています。また、相互補完的な関係にあるこれら三つの事業活動を通じて、資源の利用方法を開発し、利用可能な資源を保全、再生しています。


2021年、ヴェオリアグループは、全世界で7,900万人に水道サービス、6,100万人に下水処理サービスを提供し、また4,800万MWhのエネルギーを生産し、4,800万トンの廃棄物を処理しました。

ヴェオリア本社のウェブサイト:Veolia.com

3つの事業

水、廃棄物、エネルギー

売上高

285億ユーロ

(2021年)

総従業員数

約22万名

(2022年)

7,900万人
水道サービスを提供

6,100万人
下水処理サービスを提供

3,367カ所の浄水場を管理

2,750カ所
下水処理場を管理

(2021年)

43万5,861の法人顧客

4,800万トン
廃棄物を処理

691カ所
廃棄物処理場を管理

4,000万人
ごみ収集サービスを提供

(2021年)

4万6,058カ所
熱設備を管理

583カ所の地域冷暖房
ネットワークを管理

4,800万MWh
エネルギーを生産

2,211カ所
産業施設を管理

(2021年)