水ストレスのある地域における水の再利用

ヴェオリアは、排水の30%を冷却水として再利用可能な処理技術を導入しました。
water

中国

 

水循環全体の統合管理

ヴェオリアは、中国最大の化学薬品メーカーの一つ、天津ソーダの1拠点に対し、2010年からトータル・ウォーター・マネジメント・サービスを提供してきました。ヴェオリアと天津ソーダは、2035年まで継続される予定の「設計、建設、所有、運転、移転」(DBOOT)契約の一環として合弁事業を設立し、この拠点の工業用水・排水処理施設をすべて管理します。ヴェオリアは、安定供給と品質という点で高い水準を維持し、天津ソーダのニーズに対応していくことを保証しています。
 

処理コストの削減

ヴェオリアは、同化学コンビナートでの飛躍的な生産量増加への対応と、市場での厳しい競争に直面している天津ソーダのコスト削減という双方の課題へのソリューションとして、管理していた施設の効率性を数年間で大幅に向上させました。またヴェオリアは、現状に合わせてサービスを調整するため、天津ソーダとの日々のミーティングをもち、化学コンビナートでの生産活動の変動を把握しています。このパートナーシップから、継続的なサービス改善ばかりか、排水の部分的な再利用による同拠点のウォーターフットプリントの削減のような新たなソリューションに関する提案が生まれました。2014年からは、処理済みの排水の30%を冷却システムに供給し、再利用しています。
この契約では、女性20名を含むヴェオリア従業員83名の常勤雇用が定められています。施設の規模と複雑さを考えると、同拠点は中国化学薬品業界の効率性のモデルケースといえるでしょう。

 

主要データ

  • 1日当たり360万㎥の冷却水
  • 1日当たり5万2,000㎥の脱塩水
     

天津ソーダのメリット

  • 環境フットプリントの削減
  • 施設の安全性向上収
     

ソリューション

  • 工業用水、冷却水、排水の処理および再生利用

1日につき23,000㎥の
     排水
を処理


運転コスト削減