サーキュラーエコノミー

水・廃棄物・エネルギー分野において新たな価値を創造します

サーキュラーエコノミーとは?

サーキュラーエコノミー(循環型経済)とは、活用されていない資源から価値を生み出す概念です。このコンセプトの重要性は非常に高く、すでに日本においても多数の企業が、持続的な事業発展に向けた根幹理念として、経営目標に掲げています。
ヴェオリアは、 水・廃棄物・エネルギー分野において、サーキュラーエコノミーに関連する先進的なソリューションプロバイダーとして、企業や自治体のお客様のサーキュラーエコノミーにおける目標の達成を支援します。
私たちは、3Rおよび国連開発計画の持続可能な開発目標(SDGs)に沿って、資源へのアクセス、資源の効率的な利用、資源の保護を強化することで、お客様のサーキュラーエコノミーの実現に貢献します。

 

長期的なグローバルパートナーシップ

ヴェオリアは、サーキュラーエコノミー経営に積極的に取り組むグローバル企業と長期的なパートナーシップを締結し、サーキュラーエコノミーの実現及びお客様の事業成長に向けて共に取り組んでいます。

グローバル・パートナーシップ ※:ネスレ、ダノン、ユニリーバ、テトラパックなど
参加団体:Alliance to End Plastic Waste (AEPW)、エレンマッカーサー財団、クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)

 

※ 国際的に展開する企業に対し、ヴェオリアがグローバルネットワークを活用し、均一なサービスを提供するコミットメント