ヴェオリアグループ概要

ヴェオリアグループは、資源管理最適化の世界的リーディングカンパニーです。全世界約16万9,000名の従業員が水・廃棄物・エネルギー管理の3事業分野におけるソリューションを設計・提供し、自治体および産業の持続的発展に貢献しています。ヴェオリアは、相互に補完し合う3本柱の事業を通じ、資源の確保・保全・補充を手助けしています。
2017年、ヴェオリアグループは、全世界で9,600万人に水道サービス、6,200万人に下水処理サービスを提供、また5,500万MWhの発電を行い、4,700万トンの廃棄物を新たな原料やエネルギーに変換しました。ヴェオリア・エンバイロメントはパリのユーロネクストに上場(銘柄:VIE)。2017年には、251億2,000万ユーロの連結売上を達成しました。

ヴェオリア本社のウェブサイト:Veolia.com
 

Highlights 2017 

 

3つの事業:
水・廃棄物・エネルギー

251億2,500万ユーロ
の売上高

世界中に16万8,800名の
従業員

 
水事業水事業

9,600万人に水道サービスを提供

6,200万人に下水処理サービスを提供

4,117カ所の浄水場を管理

2,878カ所の下水処理場を管理

廃棄物処理事業廃棄物処理事業

73万7,977の法人顧客

4,700万トンの廃棄物を処理

579カ所の廃棄物処理場を管理

4,000万人にごみ収集サービスを提供


 

エネルギー事業エネルギー事業

4万210カ所の熱設備を管理

595カ所の地域冷暖房ネットワークを管理

4,500万MWhのエネルギーを生産

2,291カ所の産業施設を管理