取得認証

ITサービスマネジメントシステム基本方針

ISO20000

認証番号 1510811
認証取得日 2008年4月25日
登録組織 システム事業本部
登録範囲 センターサーバーを使用した上下水道料金徴収システムの運用サービス

 

当社は、自治体が運営している水道事業の民間委託専門会社であり、自治体から業務委託を受け、役務ならびに情報システムの提供及び運用、また自治体から預託された情報資産を維持・管理する会社であり、受託業務を遂行する営業所を拠点として、当社が提供する上下水道料金徴収システムを通して、自治体若しくは上下水道使用者への正確且つ効率の良いサービスを確実に継続することは、当社企業経営上の重要な基本方針のひとつであると考えております。


1. 適用範囲
「千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1」に所在する「ヴェオリア・ジェネッツ株式会社 官需水事業本部 CS本部 システム事業部」が「ヴェオリア・ジェネッツ株式会社 東日本、西日本」向け「センターサーバを使った上下水道料金徴収システムの運用サービス」の提供をサポートするための、ITサービスマネジメントシステムを適用範囲とします。


2. 方針
(1) サービスマネジメント計画の立案
当社は、提供するITサービスが顧客の事業目標の達成に寄与するよう、顧客のビジネスに関するニーズを分析し、サービスマネジメント計画を定め、その目標値の達成に努めます。

(2) 継続的なITサービス品質の改善
当社は、サービスマネジメント計画で定めた項目の実施状況、顧客満足度に係わる情報、ITサービスに関する技術的な情報などを分析し、ITサービスマネジメントシステムの継続的な改善に努めます。

(3) ITサービスの提供における社会的責任
当社は、ITサービスの提供に際し法令を遵守し、企業倫理の維持・向上に努め、企業としての社会的責任を果たすと共に、当社事業の発展を目指します。

(4) 情報セキュリティの確保
当社は、別途定める情報セキュリティ基本方針に則り、ITサービスのセキュリティの確保に努めます。

3. 推進体制と責任
当社代表取締役を「ITサービスマネジメント統括責任者」として、当社のITサービスマネジメントシステムの維持を確実にするとともに、ITサービスマネジメント基本方針を策定し、「ITサービスマネジメント管理責任者」を任命します。また、ITサービスマネジメントを確実に維持・運用するために、「ITサービスマネジメント委員会」を設置します。さらに、各サービスの責任範囲を明確にし、サービスを円滑に提供するため、プロセス管理者を設置します。各プロセス管理者は、ITサービスマネジメント委員会の実施方針に基づき、ITサービスマネジメントの継続的維持・改善に努めます。

4. 監査
内部監査責任者は、当社のITサービスマネジメントシステム基本方針、ITサービスマネジメントマニュアル、各種規程・手順書、関連する各種法令の遵守状況などを毎年定期的に監査し、統括責任者に報告します。
 
改訂 平成27年10月1日
ヴェオリア・ジェネッツ株式会社
代表取締役 深澤 貴