EPC

排水回収システム

独自性を持つ膜処理装置(MF/UF/RO 他)、超高速凝集沈殿装置(ACTIFLO®)、高効率マイクロフィルター(DISCFILTER)、生物処理等の要素技術を組み合わせることで、排水の性状に応じた最適な排水回収システムを構築します。
 

CMF + RO

CMF+RO

CMF MEMCOR® 精密ろ過膜装置
中空糸膜の表面に堆積した濁質を圧縮空気で効率よく除去する「ガスバックウォッシュシステム(特許技術)」により、高濁度または性状変動の激しい排水に対しても、安定した処理が可能です。又、酸・アルカリを用いた薬品洗浄も可能です。

RO 逆浸透膜装置
給水塩濃度等により決定される浸透圧以上の圧力を原水にかけることにより、原水から水だけを透過させ、回収水(処理水)と濃縮水に分離する「液々分離操作」を行います。
 
 

ACTIFLO® + DISCFILTER

ACTIFLO® + DISCFILTER

ACTIFLO® 超高速凝集沈殿装置
マイクロサンド(凝集促進剤)を使用する事で、低濁度~高濁度(1000度)の排水中の懸濁物質を超高速で沈殿除去します。従来型の沈殿処理システムの1/5~1/20のスペースで設置可能です。

DISCFILTER 高効率マイクロフィルター
シンプル且つユニークな構造により、ろ過を継続したままでの洗浄が可能です。除去対象物質によりフィルター孔径を、10μm~1mmの範囲で選定します。
 
 

MF / UF

MF/UF

• MF / UF
懸濁物質の種類、粒度分布、排水中に含まれる薬品の種類などを考慮し、最適な膜システムの選定を行います。ろ過排水の再利用ばかりでなく、懸濁物質の濃縮(排液容量の低減)も可能です。槽外型のMBRの導入により、より効率的な回収システムの構築も可能です。