自治体向け水事業の特長

日本における40年以上の実績と経験で信頼に応えます

ヴェオリア・ジェネッツはその前身から数えると、日本において40年以上の実績を有しております。これまでの一年一年の積み重ねが信頼を築き、全国へと実績を広げてまいりました。また、ヴェオリアは、フランスで設立されて以来、160年以上の経験を蓄積しています。絆を大切にし、信頼される「パートナー」であり続けます。
 

 

ひとつひとつの事業体に合わせたサービスを提供します

人口50万以上の政令市から人口3万以下の市町村まで、幅広い受託実績と多様な業務内容の経験があります。さまざまな水道事業体のニーズに合わせて、委託検討のお手伝いから実施までをサポートします。


 

個別業務委託から包括委託まで対応します

上下水道の個別業務委託から、フルパッケージの包括委託まで、ご要望に応じてあらゆる委託形態に対応します。また、自社のファイナンスを生かしたPFIやアフェルマージュ契約など、海外での官民パートナーシップ(PPP)を数多く実践した経験から、お客様の事業運営をサポートします。 
 

 

あらゆる角度からサポートします

管下にある支店が日常的に営業所をサポート、受託事業体への業務改善をご提案します。さらに民間委託を新たにご検討される事業体には委託検討のお手伝いをします。各種委員会によるコンプライアンスや個人情報保護の教育・啓蒙活動、経験豊富なベテラン社員による人材育成、情報セキュリティにおける管理・対策、業務の統一・効率化を図る内部監査など、様々なサポートを全国規模で行っています。