当社グループ従業員の新型コロナウイルス 感染について

8月1日、東京都港区で勤務している当社グループの従業員1名が、新型コロナウイルスの感染検査で「陽性」であることが確認されました。

当該従業員は発熱等の自覚症状はなかったものの、業務上の関係から自主的にPCR検査を受けた結果、感染していたことが判明しました。現在は所轄保健所指導の下、隔離しております。

所轄保健所は、当該従業員の感染発覚が初期の段階で、発症は最終出社日の翌日以降であると判断しており、社内における濃厚接触者はおらず職場の消毒も不要との指導を受けております。現在は保健所の指導のもと、当該従業員の出勤停止およびの健康観察(検温と体調等)の経過報告を行っております。

当社グループでは、1月下旬に新型コロナウイルスの危機管理対策チームを立ち上げ、全従業員に対して、手洗い・うがい・マスク着用等の予防対策の徹底、渡航制限、時差出勤、在宅テレワークの推奨、出社前の体温測定の義務化、リモート会議の推奨、イベントの開催・参加の原則中止・延期などの感染防止策を講じてまいりました。

緊急事態宣言解除後においても、上記の対策に加え、職場における2mのソーシャルディスタンスの確保もしくはパーテーションの設置、飲食の人数制限、東京本社における従業員の出社率を30%に抑えるなど、感染拡大防止の徹底に努めております。

今後も当社は、政府の方針や行動計画に基づき、感染拡大の防止とお客様ならびに地域住民の皆様、従業員の安全、取引先の安全に配慮した対応を進めてまいります。

関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

以 上