当社の特長

産業向け水事業の特長

ヴェオリアの産業向け水事業

ヴェオリアは、世界各地の石油コンビナート、化学工場、食品・飲料工場、製薬工場、製鉄所、発電所、製紙工場など、様々な産業のお客様の製造拠点で水・エネルギーの水処理施設の運転管理やエンジニアリングをご提供してきました。エンジニアリングの際は、ユーティリティのオペレーターとしての視点に立ち、技術及びオペレーションの観点から運転時にパフォーマンスが最大となるような設計を行い、運転管理の際は、水の可用性、信頼性を保証し、運転コスト全体の最適化をはかります。水処理施設の運転管理と施設管理をお任せいただくトータル・ウォーター・マネジメントでは、ライフサイクルコストを保証します。

 

水サイクル・プロジェクトサイクルの全てをお任せいただけます

ヴェオリアは、取水から、用水製造、冷却水・ボイラー補給水処理、廃水処理、回収処理、汚泥処理、放流まで、水サイクル全てに対して価値を提供することができます。また、プロジェクトの各ステージ(設計・建設、技術サービス、運転管理・・・)でステージごとのご提案が可能です。また、ワンストップサービスとして、設計・建設から運転維持管理まで包括的に請け負うことも可能です(トータル・ウォーター・マネジメント)。
 


歴史

日本におけるヴェオリアの民需事業は2005年にスタートしました。現在の民需事業本部は、日本で長年、水処理設備やガス発生装置などのユーティリティ設備に携わってきた、株式会社エコクリエイティブジャパン(1975年設立)、昭和環境システム株式会社(1980年設立)、大日本インキ環境エンジニアリング株式会社(1980年設立)の三社を母体に発展してまいりました。これまで、エンジニアリング(EPC)、テクニカルサービス、オペレーションサービスの各事業に特化した各会社は、2016年4月にヴェオリア・ジェネッツの民需事業本部としてまとまり、”One Veolia “として産業のお客様のニーズに沿った各種サービスを提供してまいります。