事業継続を支える災害対策

2011年3月11日に発生した東日本大震災の教訓を活かし、災害発生時における業務体制の継続と被災エリアへの迅速な対応を行うため、各種災害対策に取り組んでいます。
 

ISO22301(事業継続マネジメントシステム)の取得

巨大地震などの災害だけでなく、事故・ミスといった様々なリスクに備え、いかなる場合も事業を継続できる体制を構築するため、ISO22301(事業継続マネジメントシステム)を取得しました。
水道事業の継続を重要と考え、料金徴収の業界の中で、いち早く認証を取得しました。


非常食の備蓄

非常食

全国の各拠点に、合計1,170セット(3,510食)の非常食を備蓄しています。災害時には、被災エリアに備蓄食糧を輸送し、委託業務の継続や、応急給水等の支援活動の実施に役立てます。





各地域における非常食備蓄数

非常食備蓄数



衛星電話による連絡体制の強化

衛生電話

東日本大震災では、固定・携帯電話等の通信網が遮断され、応援体制の構築等に時間を要しました。災害時の連絡体制を強化するため、全国50ヶ所の営業所・拠点ごとに衛星携帯電話を配備しています。

 



防災グッズの配布

防災グッズ

各営業所ごとに常勤者全員に、ヘルメットや非常食等の防災グッズを配備しています。