参考事例

参考事例

戻る

公共サービスの改善


ヴェオリアは、米国カリフォルニア州のリアルト市で水道管網・下水道改良への投資や、公共事業全体の改善を担当する企業、リアルト・ウォーターサービス社の委託を受けて業務を行っています。

rialto


新たな責任分担

リアルト市で採用している体制では、どのステークホルダーにもはっきりと決まった役割があります。リアルト市はインフラを所有し、料率や業績基準を定め、監督します。リアルト・ウォーターサービスは、水道管網の改良や開発に必要な投資資金を調達します。ヴェオリアは、運営管理とサービス性能の向上に責任を負います。


米国の都市が直面する予算制約の解決策

リアルト市の新たなコンセッション方式は、民営化に頼ることなく、同市の水道管網と下水回収システムのための資金を補充する方法となるものです。このコンセッション方式により、インフラの改修や取り替えに必要な資本を調達し、引いては公共サービスの財政状況を改善することができます。ヴェオリアは、同市の職員全員の雇用を含む30年契約を締結しました。

 

マイク・ストーリー
リアルト市管理者(City Administrator in Rialto)

「リアルト市は数年間、ヴェオリアと仕事をしていますが、ヴェオリアとの契約により、サービスの継続性と最適な業績の両方を実現しています。リアルト市の住民に対し結果を出すことを担保する上で、これ以上のものはありません。」

usa

30年契約

10万1700人の
住民


リアルト市へのメリット

  • オペレ―ショナル・エクセレンス:サービス性能の向上
  • コスト管理
  • サービスの質に対する住民満足度の高さ
 

ソリューション

  • 送水:上水の分配、下水の回収・輸送、水道管網の管理、維持、最適化
  • 顧客管理:顧客対応、顧客口座管理、検針