EPC

揺動担体式活性汚泥法 (バイオフリンジ)

曝気槽に合成繊維状の微生物用担体を設置する高速活性汚泥方式です。
 
担体に多量・多種類の微生物を育成することにより、効率的な微生物処理を行います。

<特長>
(1) 余剰汚泥の発生量を大幅に低減可能。
(2) 多量の微生物が育成されるため、設備のコンパクト化が可能。
(3) 既設設備の増強・改善が容易で、既設設備を運転しながらの設置工事も可能。
(4) 難分解性・特殊排水への適用も可能。

<実績>
化学工業等で実績を有しています。
 
揺動担体式活性汚泥法 (バイオフリンジ)
 
担体,装着状況,稼動状況
担体,装着状況,稼動状況