参考事例

参考事例

戻る
今日、産業界は環境、規制、社会、経済、運営の様々な側面の課題に複合的に対応しなければなりません。その結果、単純な業務ソリューションではなく、イノベーションを追求できる真の創造的パートナーを模索し始めています。ヴェオリアは、まさにこのような局面での対応力が優れている企業です。

環境フットプリントの削減


ヴェオリアは、PSAプジョー・シトロエン社のフランスの3つの製造拠点と、スロバキアのトルナヴァ拠点に、ファシリティマネジメントサービスを提供しています。

Peugeot europe

ファシリティーマネジメントサービスの提供

ヴェオリアは、PSAプジョー・シトロエン社のフランスの3つの製造拠点と、スロバキアのトルナヴァ拠点に、ファシリティマネジメントサービスを提供しています。サービスは、プロパティマネジメント、エネルギー管理、水処理、廃棄物マネジメント、オフィス・製造工場やその他の設備管理を含みます。
2011年には、プジョー社から、サービスプロバイダーとして初めて、"ベスト・テクニカル・サプライヤー"を受賞しました。ヴェオリアは、ファシリティマネジメントにおけるベストプラクティスを広げ、プジョー社の戦略的パートナーとしてサポートしています。

 

最重要課題:省エネルギーマネジメント

ヴェオリアの強みは、様々な専門性の間でシナジー(相乗効果)を創出することです。
例えばヴズール工場では、2012年から、7,500m3もの梱包用の木材廃棄物を回収し、バイオマスボイラーでエネルギーへ転換しています。プジョー社でこのような新しいボイラーを導入するのは初の試みです。
ソショー工場では、それまで捨てられていた廃熱を回収する仕組みを取り入れ、また、フランスで最大規模となる太陽光発電プラントを設置しました。
ミュルーズ工場では、工場の発電に使用されてきた燃油を、天然ガスに切り替えることで、カーボンフットプリントの削減に貢献しています。
これらのヴェオリアの取組を通じて、自動車製造工場全体で17%のエネルギー削減を達成しました

  
map europe

太陽光発電パネルを4,800台導入

コスト最適化と
サービスの向上

 

主要データ

  • 4,800台の太陽光発電パネルにより、年間1.25GWを発電
  • 工場内で3MW発電のバイオマスプラントをマネジメント
     

PSAプジョー・シトロエン社へのメリット

  • 環境フットプリントを削減
  • エネルギー回収
  • 資源回収
     

ソリューション

  • エネルギー設備管理サービスのオペレーションおよびメンテナンス