参考事例

参考事例

戻る
今日、産業界は環境、規制、社会、経済、運営の様々な側面の課題に複合的に対応しなければなりません。その結果、単純な業務ソリューションではなく、イノベーションを追求できる真の創造的パートナーを模索し始めています。ヴェオリアは、まさにこのような局面での対応力が優れている企業です。

廃棄物を再生可能エネルギーに変換


ヴェオリアは、世界初の乾燥装置を開発し、オランダのコーヒー製造業者、ダウ・エグバーツ・マスター・ブレンダーズ(DEMB)に提供しました。

コーヒーの出し殻を再生利用するための革新的なソリューション

blender image

オランダのヤウレ工場では、インスタントコーヒーやリキュールを製造する際に必要とする蒸気製造コストの削減に迫られていました。ヴェオリアは、プラントの生産能力増加、カーボンフットプリント削減、および製造工程で生じる副産物の再生利用といった重大な課題を同時に達成すべく、費用対効果を備えたソリューションの開発に着手しました。


 

 

クリーンでコスト効率に優れた燃料

ヴェオリアは、研究の結果、同工場の工程から発生する使用済みのコーヒー殻をバイオマス燃料とし蒸気を発生させるという、今までなかった画期的な乾燥・燃焼システムを開発しました。加えてヴェオリアとDEMBは、蒸気、圧縮空気、冷水等、産業ユーティリティの総合的な技術管理サービスを提供することで合意しました。
 

ウィーブ・ヨングスマ
DEMBオランダ・ヤウレ工場技術担当取締役
 

 「ヴェオリアのプロジェクトの開始以前は、当社の主なエネルギー源は、天然ガスと、少量のコーヒー殻でした。ヴェオリアはコーヒー殻の利用を増加させ、天然ガスの消費を削減しました。これによるコスト削減効果は、100~200万ユーロに及びます。」     

 
map pays-bas

コーヒー殻3万トン
を毎年エネルギー
として再利用

カーボンフットプリントの削減

 

主要データ

  • 工場からの年間二酸化炭素排出量を70%、計1万4000トンの削減
     

DEMBへのメリット

  • エネルギー費用と製造コストを削減
  • 製造工程の副産物を再生利用
  • 安定した産業ユーティリティ
     

ソリューション

  • バイオマス(生産工程の副産物)からエネルギーを回収