ヴェオリアについて

Re-sourcing the world

今日、天然資源がますます希少になる一方、気候変動の課題に直面し、人口過密と都市化がさらに進展する世界で、私たちの資源に対する需要は増え続けています。 世界は、資源との関係を一から見直し、より効率的で、バランスが取れ、持続可能な新たな社会・経済の成長モデルを見いだす必要があります。 水・エネルギー・廃棄物の分野で160年に及ぶ専門知識を有するヴェオリアは、人類の進歩と幸福、および事業や地域のパフォーマンス改善に、そのイノベーション能力を発揮しています。 資源消費型の社会から、今日の循環型社会に転換するため、ヴェオリアは資源の利用方法を開発・進展させ、同時にその資源を保護・再生するソリューションを設計・導入しています。 ヴェオリアとその従業員は、このようにResourcing the Worldに貢献しています。


資源を最大限に活用する 

世界中で資源の需要が増加する一方で埋蔵量が減少する中、基礎的資源へのアクセスはますます複雑化し、緊張の源になっています。これらの課題に対応するため、ヴェオリアは、地域社会における快適な暮らしを保証し、地域を魅力的なものにし、企業の業績を支える上で必要な資源を、可能な限り多くの人々に供給するための持続的なソリューションの開発を進めています。例としては、都市とその住民のための安全な飲用水・エネルギー供給サービスや、生産工程への継続的な資源供給を保証する産業向けサービス、また、循環型経済における原料の回収システムなどが挙げられます。


資源を保全する

資源を取り巻く緊張が一層高まる中、資源の保全・保護は、全ての人に課された責任です。大規模に利用されず、うまく活用され、また被害が比較的少なかった資源が、今後も利用可能な資源として存続します。そのため、ヴェオリアは必要不可欠な資源だけを適切な場所から、適切な時に、適切な方法で採取するために、イノベーティブで持続可能なソリューションを開発しています。それと同時に、資源が確実に残るよう、生態系のバランス維持にも取り組んでいます。ヴェオリアは、その専門知識を活かして資源利用を最適化し、利用過程を通じて失われるものがないよう留意しています。また、人々の健康や自然環境に悪影響が及ばないよう、下流への影響を最小限に留めるよう努めています。


資源を生み出す

事業活動を改革することにより、ヴェオリアは、新しい二次資源を生み出し、進行しつつある主要な天然資源の不足を徐々に相殺しています。原料リサイクルと廃棄物回収におけるイノベーションにより、ヴェオリアは、抽出した資源の利用価値を大幅に引き上げ、同時に天然資源を守るソリューションを提供しています。また、環境型設計の専門技術開発を進め、製品製造の初期段階から、廃棄物より新しい材料を生産する工程に至るまで生産活動を支えることで、循環型経済の実現を目指します。最後に、各事業分野、さらには各事業分野の重複する部分において、ヴェオリアは全く新しい資源を生み出しています。例えば、産業により発生する熱の住居用暖房への転用、廃水からの肥料またはバイオプラスチックの生産、廃棄物処理から発生するガスの電気またはバイオ燃料への転換などがその例です。